赤ちゃんの離乳食に生のキウイはあげられる?いつからあげる?

赤ちゃんの離乳食に生のキウイはあげられる?いつからあげる?

キウイって栄養豊富なのはCMでもおなじみですよね!
私も妊娠中には、積極的に食べてました◎葉酸を摂取できるとかで。

栄養豊富なら、赤ちゃんにも食べさせたいですよね。でも、いつから食べさせてもいいのでしょうか。アレルギーなどについてもお伝えします!

赤ちゃんはキウイをいつから食べられる?生であげてもいいの?

キウイは、離乳食の本などでは、中期から与えられる果物として紹介されていることが多いですが、離乳食の後期からが良いとされています。

離乳食初期(5~6か月):×

離乳食中期(7~8か月):△

離乳食後期(9~10か月):〇

離乳食完了期(11~12か月):〇

キウイは食物繊維が豊富なので、赤ちゃんの消化器官に負担が大きいです。
栄養豊富でも、無理に食べさせる必要はありません。

また、キウイのアレルギーについての項目で詳しくご紹介しますが、キウイはアレルギーを発症しやすいです。

月齢が低いほど、アレルギーになりやすいといわれています。

なので、キウイデビューは慌てず、離乳食後期からで十分でしょう。

もし、離乳食中期から与える場合は、必ず加熱してください

加熱することで、アレルギーを発症してしまう可能性を抑えることができますよ。

また、離乳食後期であっても、初めて与える場合は、加熱しましょう。

★キウイの栄養

柔らかくて子供にも食べやすいキウイですが、栄養価はどれくらいあるのでしょうか。

キウイで有名なzespriさんによれば、「栄養素充足率スコア」で、果物の中でもトップクラスです。

キウイは、日々の栄養バランスを補うのに最適な果物。言わば、「栄養の王様」です!

栄養は、主に以下の通りです。

●ビタミンC・・・みかんの倍!風邪予防、疲労回復、肌荒れに効果あり。

●カリウム・・・塩分を排出する。

●食物繊維・・・野菜と同じくらい含まれる。整腸作用。

●ビタミンE・・・抗酸化作用により、体内の活性酸素を減らす。

●アクチニジン・・・タンパク質分解酵素を含み、消化を助ける。

大人でも摂りたい栄養がたくさん含まれていますよね。すぐにでも買いに行きたいくらいです(笑)!

キウイのアレルギーは?

キウイは、果物のなかでも、アレルギーを起こしやすい食材です。

我が子も2歳頃に食べた際に、アレルギー症状がでたことがあります。

口の周りが赤くなり、目も充血していました。

1時間ほどしたら、症状は治まりましたが、我が子にアレルギーのような症状がでると、ドキッとしますよね。

出典:有明こどもクリニック

月齢が低かったり、アトピー性皮膚炎を持っている子などはアレルギーを発症しやすいといわれています。

小さいうちにキウイデビューする際は、特に注意が必要です。

また、キウイには仮性アレルゲンが含まれています。

仮性アレルゲンとは。

食物アレルギー反応では、ヒスタミンなどの化学伝達物質が働いています。
食物の中にはこれらに似た物質を有するものがあり、この物質を仮性アレルゲンといいます。


とうもろこしや、トマトなどにも含まれています。(離乳食にとうもろこしはいつからでも紹介しています)

そのため、キウイでもアレルギー症状のようなものが出ることがあります。

症状としては、食べるとすぐ、口や喉がイガイガしたり、かゆくなったり、腹痛や下痢をともなう場合もあります。

まれに、ショック症状を起こすこともありますので、注意が必要です。

生の果物(他にも生の野菜・豆乳など)を食べた際に出るこれらの症状は、「口腔アレルギー症候群」とよばれていて、特定の植物の花粉症と関連があるとされています。

キウイの仮性アレルゲンは、シラカバ花粉と似ているため、もしも、パパやママがシラカバ花粉に反応するようでしたら、注意が必要です。

キウイの食べさせ方

キウイを与える場合、どのようなキウイを選んで、どのように食べさせればいいのでしょうか。

ポイントをご紹介します。

【緑よりも黄色】

キウイは、緑と黄と2種類をスーパーなどで見かけますよね。

赤ちゃんに与えるなら、黄のキウイ(ゴールドキウイ)がおすすめです。

アレルゲンが緑のキウイ(グリーンキウイ)より少ないといわれていますし、酸味が少なく食べやすいからです。

さらに、ビタミンもゴールドキウイの方が多く含まれています。

わが子もゴールドキウイの方を好んで食べます!本能的にわかるのでしょうか(笑)

スーパーへ行くと、「こっちのがいい!」と言って、ゴールドキウイを選びます。グリーンキウイより、少し高いんですどね(;^_^A

【熟しているもの】

キウイは硬いと熟していない証拠です。

まだまだ酸味が強いので、柔らかく熟してくるまで待ちましょう。

バナナやリンゴと同じ袋にいれておくと、やわらかくおいしくなります。

また、キウイは、コンコン!とテーブルやキッチンの台などで軽くたたくと、熟すのが早くなります!

キウイは木になっている果物なので、木から落ちたと勘違いして、熟すそうです!テレビでやっていました◎

ぜひ、試してみてくださいね!

【種を取り除く】

中期くらいから与える場合は、種を取り除きましょう。

種は、消化に悪く、下痢になってしまう赤ちゃんもいます。

裏ごしして、取り除くのが、早くて簡単です。

後期の場合は、必要ありませんが、初めて与える場合は、種を取り除いてあげる方がよいでしょう。

【加熱する】

初めて与える場合は、どの時期であっても加熱は必須です。
キウイも加熱することでアレルゲンを弱めることができます。
細かく切って電子レンジでチンしましょう。

目安:キウイ半分くらい→500Wで30秒

レンジでチンなら、簡単ですね!!
調理する場合は、他の具材といっしょに加熱調理しましょう。

キウイは加熱してあげた方がいい?冷凍保存はできる?

キウイは加熱してあげたほうが良いです。

加熱することで、仮性アレルゲンを弱めることができるからです。

離乳食中期の赤ちゃんでしたら、必ず毎回加熱して与えるようにしましょう。

離乳食後期以降でも、初めて与える場合は、加熱するようにして、アレルゲンを弱めてあげましょう。

しかし、毎回加熱するのは、ちょっと面倒(^_^;)

たかがレンチン、されどレンチン。

赤ちゃんが食べる少量を毎回加熱する手間を省きたいですよね。

キウイは冷凍保存できます

キウイを冷凍する場合は、皮をむき加熱し、1回分の量を密封容器に入れて冷凍します。

ただし、食感や風味は変化しますので、生のキウイが食べられるようになったら、大人の分を取り分けけしてあげましょう。

加熱したキウイならゼリーにすることもできますので、冷凍によって風味が落ちるのがイヤな場合は、ゼリーにするのも良いですね。

冷凍のやり方

①皮をむく。

②中心の種の部分を取り除く。(種は、消化が悪いです。)

③細かく刻むか、裏ごしする。

④電子レンジで加熱する。(500Wで20~30秒)

⑤1回分の量に分けて密封容器へ入れ、冷凍する。(製氷皿が便利です!)

※冷凍保存の期間は、およそ1か月です。しかし、食感や風味が変化していきますので、なるべく早めに、できるだけ1週間以内で食べきるのをおすすめします。

冷凍したキウイの解凍方法は?

冷凍したキウイをそのまま自然解凍・・・これはNGです!

自然解凍は、雑菌が急激に繁殖してしまうからです。

冷凍食品の自然解凍OKは、免疫力の少ない赤ちゃんには通用しません。

そのため、以下の方法で解凍しましょう。

●電子レンジで解凍

温めすぎると、キウイの水分がすべて蒸発してしまいますので、水分を少し足してチンするようにしましょう。

●鍋で解凍

1回分の量が少ない冷凍キウイを鍋で直接温めるのは難しいので、湯銭をしましょう。
お湯を沸かして、そこに器を浮かべてさっと火を通すようにしましょう。

解凍したキウイは、ミルクと和えたり、調理に使ったりできます。
キウイは酸味がありますが、バナナやリンゴといっしょに摂ると食べやすいので、おすすめです!!

わが子も、つぶしたバナナやすりおろしたリンゴといっしょに与えると、ぱくぱくと食べてくれました!

まとめ

赤ちゃんの離乳食には、キウイはあげることができます。

しかし、アレルゲンが心配ですので、加熱してあげる方がよさそうですね。

離乳食中期から与えることができますが、その場合は、必ず加熱するようにしましょう。

そして、生のキウイを与える場合は、離乳食後期くらいからです。

それでも、初めて食べさせる場合は、必ず加熱したものを与えるようにしてください。

子供は、フルーツだいすき♪
栄養豊富なキウイも、ひと手間かけて、赤ちゃんに安全に食べさせたいですね!

スポンサーリンク
336 280
336 280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 280