赤ちゃんに麦茶はいつからあげる?大人用の麦茶や水出し麦茶、ペットボトルのお茶についても考察します

赤ちゃんに麦茶はいつからあげる?大人用の麦茶や水出し麦茶、ペットボトルのお茶についても考察します

赤ちゃんの体温は大人より高め。

なので、朝寝やお昼寝、夕寝でスヤスヤと寝ているときでも

汗をかいていることが多いです。

赤ちゃんの水分補給といえば母乳やミルクの他に、カフェインが入っていない低刺激の「麦茶」が推奨されています。

ミネラルも豊富な麦茶ですが、赤ちゃんが飲み始めるのに最適な時期はいつ頃なのでしょうか?

麦茶のあげるタイミングについて考察していこうと思います。

赤ちゃんに麦茶はいつからあげるべき?

赤ちゃんに麦茶を与えて良い時期は基本的に離乳食の時期(早い子で生後6ヶ月頃)を目安にあげるのがいいでしょう。

市販の煮出し麦茶やベビー麦茶だと、「生後1ヶ月から与えても大丈夫」という風に記載されていることが多いです。

一応、生後1ヶ月から飲めることはできます。

ですが、生後早いうちにほ乳瓶で麦茶を与えると、赤ちゃんが「乳首から母乳(ミルク)じゃない変わった味がでてきた!」と感じて乳頭混乱をおこして母乳やミルクを飲まなくなってしまう影響が出てくることもあるので、あまり早いうちからの麦茶デビューはオススメしません。

また、成長するために必要な栄養を、母乳、ミルクではなく食事からも摂れる時期にすることで、麦茶による水っ腹で栄養不足を心配することも少なくなりますね。

母乳やミルクの他の食べ物の味に慣れ始める離乳食開始時期を目安に麦茶も一緒にデビューさせるのがいいでしょう。

母乳とミルクとの兼ね合いを考えながら与えることが大事

基本的に赤ちゃんの水分補給は、「絶対に麦茶を与えなければいけない」というわけではありません。

母乳やミルクで栄養補給と共に水分補給は十分にまかなえるとされています。

ですが、離乳食の開始と共に母乳やミルクとは違う飲み物として慣れさせていってあげたいです。

なので母乳やミルクとの兼ね合いはすごく大事です。

麦茶を飲み過ぎてお腹がいっぱいになってしまい、母乳やミルクを飲めなくなってしまったという状況はなるべく避けたいので、必要以上に麦茶を与えないようにしましょう。

1つの目安として50mlくらいを少しずつ飲ませてあげるといいです。

50mlを全部飲みきれなくても焦らなくて大丈夫です。

基本的な水分補給は母乳やミルクであることを忘れないように!

麦茶は練習として、少しずつ焦らず進めていくことが大事です。

与え方のコツとして、乳頭混乱を起こさないようにするためにもほ乳瓶であげるよりも離乳食の食事と一緒にスプーンで1さじから与え始めると赤ちゃんが母乳やミルクと混乱せずに済むことになります。

最初は1さじから与えていって慣れてきたら増やしていく。

スプーンでの麦茶に慣れていったら次のステップとしてストローマグなどのマグを使い、ストローで麦茶を少しずつ飲めるようにしていくようにするのもアリ。

これなら、乳頭混乱を避けながら麦茶を与えることができますよ。

大人用の麦茶や水出し麦茶はいつから飲ませる?

  • 大人用の麦茶

ベビー用麦茶と大人用の麦茶の違いって何かご存じですか?

実は、ベビー用麦茶は大人用の麦茶との違いはないのです。

ベビー用麦茶は赤ちゃんが飲みやすいように麦茶が薄められているものを指します。

赤ちゃん用に大体2倍~4倍程度に薄められている麦茶が多いです。

なので、大人用麦茶については離乳食の時から飲ませることはできます。

ただそのままの麦茶の味だと赤ちゃんにとっては苦く感じてしまうことが多いです。

そのままだと飲まずにウエッとしてしまう赤ちゃんが多いため、薄めて飲ましています。

最初は4倍くらいに薄めていって、少しずつ味が慣れてきたら薄める倍数を少なくして様子をみてあげてもいいかもしれません。

もしくは、離乳の時期である1歳半くらいを目安に大人用の麦茶を与えていってもいいでしょう。

  • 水出し麦茶

離乳食を食べている時期では何でも一度火を通してから食べたり飲ませたりすることが基本になっています。

麦茶でも、いきなり水道水などのカルキ水を飲ますことは抵抗があるママさんが多いかと思います。

そんなときはやはり一度お水を煮沸して煮出す麦茶がいいでしょう。

ただ離乳完了時期ぐらいを目安に、水出し麦茶に変えていってもいいかもしれませんね。

伊藤園のミネラル麦茶などペットボトルの麦茶は?

ペットボトルの麦茶も、上記と同様のことがいえます。

外出先などで子供に飲み物を与えたいなと思っても、コンビニなどでは子供用の麦茶はあまり販売していないですよね。

ペットボトルのお茶は、実際には赤ちゃんの時から与えても、あまり問題はありませんがその味の苦みによって

ウエッと吐き戻してしまったりする赤ちゃんが多いです。

ペットボトルの麦茶も、離乳完了時期である1歳~1歳半を目安に少しずつ薄める倍数を減らしていく与え方が一番よさそうです。

焦ることはないので、慌てず子供の様子をみながら少しずつ慣らしていくのがいいですね。

美味しい麦茶で適度な水分補給をしましょう

麦茶は汗をいっぱいかいている時の体温を調節をしてくれたり、ミネラルも豊富でとっても美味しい飲み物です。

暑い夏などの水分補給にもぜひ活用したいですよね。

ただし、赤ちゃんは基本的に母乳やミルクでも水分補給を十分できていることを忘れないでください。

あわてず、ゆっくり、ママと赤ちゃんの負担にならない程度に麦茶で適度な水分補給をしていってくださいね。

スポンサーリンク
336 280
336 280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 280