赤ちゃんや幼児、子供の日焼けはいつ白く戻る?日焼けはいつ落ち着くの?

赤ちゃんや幼児、子供の日焼けはいつ白く戻る?日焼けはいつ落ち着くの?

夏にいっぱい遊んだ我が子、日焼け止めを塗っていてもこんがりとパンのように日焼けしますよね。

色白だった我が子、一体いつになったら元通りに白くなるのでしょうか。

我が子も保育園に通っているのもあって外遊びをたっぷりしています。また、夏はプールもあるので焼いたパンのようにこんがりと日焼けしていました。

そんな我が子(当時3歳)、「七五三やるかー!」と思い立ったと同時に、「ん?この日焼けはいつ治るの?」と疑問に思います。

というのも、七五三は11月に行いますが、最近のフォトスタジオでは早割キャンペーンなど行っていて、夏に撮ったほうが断然安い!

しかも11月は混雑するので、衣装も可愛いものがはけやすいのだとか。

でも夏ってこんがり焼けちゃってるし、着物ならなおさら色白の方が似合うに決まってますよね。

1日でも早く可愛い色白の我が子に戻って欲しい!

ということで、子供の日焼けはいつ頃元に戻るのか、経験談とともにご紹介していきます。

子供の日焼けはいつになったら落ち着くのか

結論から言うと落ち着くのは10月後半頃ということ。

もちろん、日焼けの度合いなどにもよるとは思いますが、我が子の場合はこのくらいの時期に日焼けの黒さも落ち着いてきました。

10月後半は、七五三の前撮りにはギリギリ間に合うといった時期でしょうか。

実際に我が子の場合を紹介します。

まず8月頃の写真がこちら↓

こんがりとパンのように焼けています。元々色白な子ですが、保育園での毎日のプールや外遊びによって焼けてしまいました。

まあこれはこれで可愛いんですけどね(親バカ)

やっぱり色白のほうが可愛いです。

また、お散歩でもプールでも帽子をかぶって、下を向きながら(我が子はおままごとなど静かな遊びが好きなので必然的に下を向きがちに)遊ぶので、顔はそこまで黒くなりませんが、腕はやはり黒くなります。

しかも、日焼け止めは塗らずに遊ばせているので余計黒くなりやすいです。

七五三など撮影をしようと考えている方、その夏日焼け止めは必需品ですよ!

そして、そんな黒焦げの我が子が10月にどうなったかというと…これが10月末の写真↓

写真がわかりずらくて申し訳ないですが、顔や腕のこんがり具合が少し落ち着いてきます。

七五三で前撮りしてもそこまで夏感のない写真になるんじゃないかな?といった感じですね。

また、時期的にも肌寒い季節になってくるので、長袖を着用し始めます。なので、これ以上焼けるという心配はありませんね。

元通り白くなるのはいつ?

我が子の場合、夏前のようにまっさらな色白ちゃんに戻るのは11月中旬~下旬頃でした。

もう一度8月の写真を見ておきましょう。それがこちら↓

このこんがり焼けたパン肌が11月中旬には、あらなんとこんなに真っ白に~!

その写真がこちら↓

どこぞの通販ではありませんが、見てください!この白さ!恐るべし子供の肌のターンオーバーですね。

これだけ白くなれば着物も映えること間違いなしです。

一般的に七五三は11月15日とされていますが、最近では仕事の都合や子供の体調などを考慮して、別の日の行うことも多いです。

なので、11月の中旬~下旬に写真撮影の予約を入れれば問題なく色白の我が子を思い出に残すことができますよ。

早く色白に戻す方法は?

ここまでに紹介した時期まで待てない!早く色白に戻したい!という方に、子供を1日でも早く色白に戻す方法をご紹介します。

まず大前提として、夏は日焼け止めを塗る、帽子をかぶるなどの紫外線・日よけ対策が必要です。

まあ、もうすでに焼けてしまったからこの記事を読んで頂いてるわけですが…(笑)

肌のターンオーバーは通常28日で1サイクルと言われています。赤ちゃんはこのターンオーバーが早いので、傷跡なども早くキレイになりやすいです。大人になってくると、傷跡や掻きむしり跡、シミなどが消えにくくなるのはこの肌のターンオーバーの活力が弱まってくる(遅くなる)ことが関係しているのです。

つまり、日焼けの黒さも紫外線を浴びて、肌の奥に生成されたメラニン色素が表面に出てきた色なので、このターンオーバーをしっかりと活性化させてあげることで日焼けも元の戻りやすくなります。

では、肌のターンオーバーはどうしたら活性化するのでしょうか。

基本的なことですが、食事、運動、睡眠を規則正しく行うことが解決への近道です。

子供ならなおさらこの規則正しい生活が体のバランスを整え、健康にしてくれます。

栄養バランスの良い食事、適度な運動、22時~2時(ゴールデンタイムやシンデレラタイムとも呼ばれています)に睡眠をとることが大切です。

そんなことはわかっている!という声が聞こえてきそうなので、もっと具体的な方法をご紹介します。

・きちんと保湿する

ターンオーバーを早めるには保湿も重要です。ターンオーバーは肌の状態を整えることで活発になります。乾燥していると肌の調子も悪くなりますから、適度な保湿を行うと良いでしょう。

・これ以上日焼けしない

何よりもこれ以上日焼けしないことが大切です。日焼け止めや帽子をうまく活用してくださいね。

・ビタミンを摂る

ビタミンCやビタミンEを摂ることでメラニンを抑制したり、肌の新陳代謝を活発にしてくれます。大人でしたらサプリメントなどを摂取して補給するところですが、子供の場合はやはりバランスの良い食事を心がけましょう。

まとめ

夏に焼けた肌、いつになったら元に戻るのか紹介してきましたが、いかがでしたか?

早く元に戻してあげたいのなら、まずこれ以上焼けないように今からでも日焼け対策をしておくと良さそうです。

また、日焼けは一種のやけど状態なので、しっかりと肌の調子を整えてあげてくださいね。

それでは、お子様の日焼けが早く元に戻りますように…!

スポンサーリンク
336 280
336 280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 280