鬼滅の刃の映画!子供の年齢制限あり?なし?公式の発表は…

育児

日本のアニメ界はものすごいですね!

いま人気絶頂の「鬼滅の刃」。

わが子もその主題歌を毎日のように口ずさんでいます。

幼稚園でも、大人気な様子で、映画を見に行ったというママの声もちらほらと耳にします。

しかし!

「小学生は見られない」「R指定で15歳未満は見られない」などの情報が飛び交っていますし、一方で、ネットでは「年齢制限はデマ」などの憶測記事が複数ヒットしています。

今回は、そんな人気絶頂のアニメ「鬼滅の刃」の映画は、年齢制限があるのかどうなのか、
確かめてみました!

鬼滅の刃の映画!子供の年齢制限は?

鬼滅の刃の映画は、子供の年齢制限があるのでしょうか?

2020年10月16日㈮に公開された映画「鬼滅の刃無限列車編」。

この映画を鑑賞するのに、年齢制限はありません。

入場者特典 | 劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編公式サイト

公式サイトでは、年齢制限について、10月5日正式に発表されています。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の公式サイトは「年齢に関係なくどなたでもご覧いただけます。12歳未満の方は保護者の助言・指導が必要です。是非、多くの方にご覧いただければ幸いです」としている。

映画倫理機構(映倫)によると、PG12は「12歳未満の年少者の観覧には、親又は保護者の助言・指導が必要」という区分。映倫のサイトには「この区分の映画で表現される主題又は題材とその取り扱い方は、刺激的で小学生の観覧には不適切な内容も一部含まれている。一般的に幼児・小学校低学年の観覧には不向きで、高学年の場合でも成長過程、知識、成熟度には個人差がみられることから、親又は保護者の助言・指導に期待する区分である」と記されている。

劇場版「鬼滅の刃」レイティングはPG12 全年齢鑑賞可、ただし12歳未満は保護者の助言・指導が必要(まいどなニュース) - Yahoo!ニュース
吾峠呼世晴の人気漫画「鬼滅の刃」をアニメ映画化した「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が10月16日に公開されるのを前に、5日18時、上映区分が「PG12」に決まったことが公式サイトで発表された。12歳

さまざまな情報が飛び交っていますが、

公式サイトでも、映倫でも、年齢制限は設けていないということでしたね。

ただし、保護者の同伴や助言、指導を推奨していますね。

鬼滅の刃の映画!年齢制限はなぜ?

鬼滅の刃の映画では、年齢制限はないということでしたが、

年齢制限の区分のひとつ、「PG12」とされています。

公式サイトや映倫によれば、年齢制限はないものの、

「12歳未満の年少者の観覧には、親又は保護者の助言・指導が必要(PG12)」ということでした。

それは、映画の内容が、刺激的であり、小学生の観覧には不適切な内容も一部含まれているからです。

また、幼児・小学校低学年の観覧には不向きとしており、

小学校高学年の場合であっても、その成長過程、知識、成熟度には個人差がみられることから、親又は保護者の助言・指導が必要であるという見解です。

実際に、私の周りで、映画を見に行ったというママたちの声を聞くと、やはり、過激な描写があったようです。

映画の内容が、過激な場面もあるようなので、中学生未満の子供たちに見せる場合は、保護者のフォローがあった方がよさそうですね◎

ただ、実際に映画を見に行った子供たちは大はしゃぎしていたようで、
親子ともに、一気に鬼滅の刃の大ファンになったそうです♪

さすがは「鬼滅の刃」です!!

「PG12」とは・・・

《PGはparental guidanceの略》映画鑑賞における年齢制限の区分の一。12歳未満の年少者には保護者の助言・指導が必要とする日本の映倫規定。ほかに、15歳以上が鑑賞できるR15+、18歳以上が鑑賞できるR18+などの規定がある。→R指定

PG12(ピージーじゅうに)の意味 - goo国語辞書
PG12(ピージーじゅうに)とは。意味や解説、類語。《PGはparental guidanceの略》映画鑑賞における年齢制限の区分の一。12歳未満の年少者には保護者の助言・指導が必要とする日本の映倫規定。ほかに、15歳以上が鑑賞できるR15+、18歳以上が鑑賞できるR18+などの規定がある。→R指定 - goo国語辞書...

鬼滅の刃!子供だけで見られる?

鬼滅の刃の映画は、年齢制限がないことがわかりましたが、「PG12」という区分にされています。

では、子供だけで見ることはできるのでしょうか。

小学生だけでも鑑賞は可能です。

小学生ともなると、お友達同士でお出かけして、映画を見に行きたい!というお子さんもいるかと思います。

また、おうちの方が忙しく、なかなか映画館に連れて行けないにもかかわらず、学校で話題の人気映画ともなると、お子さんがどうしても見に行きたい!というご家庭もあるかもしれません。

先にお伝えしたように、この映画はPG12指定なので、小学生以下の子供には不適切な表現が一部含まれているので、

親の助言や指導が必要となっておりますが、あくまで、「助言や指導」が必要なのであって、
見てはいけないというわけではありません。

必ず親が同伴しなければいけないということも記載されていないわけです。

ですから、小学生だけでの映画鑑賞は、可能ということになりますね◎

ただし、やはり、きちんとした親の判断をおすすめします。

もしかしたら、お子さんが、気映画の途中で分が悪くなることも想定できるからです。

繰り返しになりますが、この映画は刺激的なシーンがあります。

お子さんが、見れるのかどうかを親は把握しておいたほうがいいことは確かですね◎

親も同伴したほうがいいと判断された場合は、一緒に行ってあげたほうがいいでしょう◎

そして、忘れてはならないことがもうひとつ。

映画館の迫力です。

大人ならお分かりになると思いますが、映画館の迫力は、テレビとはまるで、
全然違いますよね!

それが、繊細で、多感な子供たちにどう影響するかは、親として、しっかりと判断するべきことかな・・・と思います◎

まとめ

いかがでしたでしょうか。

鬼滅の刃の映画は、年齢制限があるのかどうなのかについてお伝えしました!

年齢制限はありませんでしたが、年齢制限の区分「RG12」となっていました。

内容が一部過激なシーンがあることから、

公式サイトでも、「12歳未満の方は保護者の助言・指導が必要」となっていましたから、

子供の鑑賞には、少し注意が必要そうですね。

子供だけでの鑑賞も可能ですが、なるべく親が付き添ってあげる方がベストな気がします◎

このご時世ですしね・・・(;^_^A

そして、個人的には、とくに小さいお子さんは、避けた方がいいのかなとも思います。

私も、わが子が「きめつ!きめつ!」と騒いでいて、興味を示していることは承知ですが、
映画を見せるかどうかについては、慎重になっています。

子供の気質にもよりますよね。難しいところですが・・・

人気のアニメなので、うまくお付き合いしていきたいものですね(^^♪

最後までお読みいただきありがとうございました(*’▽’)

コメント

タイトルとURLをコピーしました