クーピー&クレヨン折れた時の直す方法は?折れないように防止することはできる?

クーピー&クレヨン折れた時の直す方法は?折れないように防止することはできる?

クーピーやクレヨンといえば、保育園・幼稚園の描画活動から始まり、小学校低学年でも使用します。美術的分野に進めば、大人になっても使用しますね。

鉛筆やペンなどと違い、色素のある「芯」だけで作られている不思議な描画ツールですが、それゆえに、落としたり過度な力が加わると、簡単に折れたり割れてしまいます。

幼い子供達は、折れてしまった残念な姿に悲しみを隠せないかも知れませんが、実は、おうちにあるものを使って、とても簡単に直すことができます!

新しく買うなんてもったいない!パパッと直して子供達の笑顔を取り戻しましょう!

クーピー&クレヨン★折れた時の直し方は…?

クーピーやクレヨンを直すためには、まず、クーピーやクレヨンのことを学びましょう。

クーピーは、合成樹脂・ワックス・顔料を溶かして混ぜ合わせ、冷やして固めたもの

クレヨンは、顔料を固形ワックスで練り固めたものが基本。最近は他の材料を使用しなめらかにしたものや、添加物を使わないもの、、自然由来の原料を使用しているものなどもあります。

顔料とは化粧品にも含まれているもので、 水や光に強いインキだそうです。

どちらも、名前の由来はフランス語からきているそうです。

※ 一部引用、株式会社サクラクレパス(https://www.craypas.com/)

原料にワックスや油分を使用しており、「溶かして固める」という製造方法から、クーピーやクレヨンが折れたり破損した時の直す方法としても、同じ方法が多く使われています。

「溶かして接着(成形)して、冷やして固める」ということですね。

そこまでしなくても…という破損状況であれば、セロハンテープやマスキングテープで巻いて修復する方法も、もちろんあります

ただし、粉々…とまではいかなくてもポキポキと複数に折れてしまっている場合は、一度しっかりと直した方が良いでしょう。

折れたクーピーやクレヨンを直すうえで重要なのは「溶かし方」です。

準備

まずは準備。

絶対に必要なのは「アルミホイル」です。そして、耐熱トングもあった方が良いでしょう。菜箸でも問題ありません。次に、ラップやクッキングシートがあると、さらに良いですね。

続いて、クーピーやクレヨンを「温める」環境が必要です。

湯煎でも良いですし、フライパン・トースターでも良いです。部分修復の場合は、ライター(チャッカマン)、卓上コンロなどでもできますし、「半田ごて」を用いるというケースもあります。

直し方

では、実際の作業に入ります。

まずは、クーピーやクレヨンの全体を直す方法です。

1.キッチンペーパーなどに油を吸わせ、表面の汚れを取りましょう汚れを取っておいた方が、最後の完成度が変わります。

くっつけたあとに見たら、髪の毛が混ざってた…なんてことになりかねません。

2.ラップやクッキングシートなどで、クーピーやクレヨンをもとの形になるように並べて包みます。キレイに並べられない時は、断面を削り形を整えると良いでしょう。その後、アルミホイルで包みます。

※直接アルミホイルで包むと、アルミホイルのしわ感が伝わってしまうため、しわのできにくいラップやクッキングシートで包んでからの方が、見た目がキレイに仕上がります。温めすぎた時に、クーピーやクレヨンが溶け漏れないようにするため、という理由もありますよ。

3.クーピーやクレヨンを包んだ後は、いよいよ「温めて溶かす」作業です。

おすすめの方法としては、「炙り」です(美味しそうですね笑)。その方が、失敗が少ないようです。

フライパンやトースターだと、クーピーやクレヨンまで熱が伝わりにくく、結果、溶けていない→接着していない・接着が弱かったというケースがあるようです。湯煎するのも良さそうでしたよ。

やけどには十分注意が必要ですが、接着部分に触れて、表面が柔らかくふにゃふにゃする感じがベストです。溶けすぎには注意が必要です。

4.クーピーやクレヨンが溶けたら、温かい環境から離して固まるのを待つのみです。硬く固まるまでは、包んだままにしておいたほうが良いでしょう。

実際に、我が家のクーピーで試してみましたが、クーピーはなかなか難しい…

青いほうをラップ&アルミでクルクルして炙ったのですが、ラップが溶けかけるわ、溶けて欲しいところが溶けてくれないわで、散々な見た目になってしまいました。

私が不器用なのも原因なのだと思いますが、見た目がキタナイ(泣)

でも、クーピーやクレヨンが粉々になってしまった場合には有効だと思います。

部分補修

次に部分補修をする場合です。

半分に折れてしまった場合など、おおがかりな補修が必要ない場合は、全体を包む必要はありません。

上記の私のように上手くできないことがあると思います。

作業としては、アルミホイルを敷いたうえで、ライターやろうそくなどで火元を用意し、折れた両端を炙って接着部分を軽く溶かします

溶けてきたら、両端を接着(成形)して、冷やして固めるだけです。固まった後に接着部分がデコボコするようであれば軽く削って整形すると良いでしょう。

どちらの場合も、最後にマスキングテープやクラフト紙・包装紙などを巻いてあげると、補強にもなりますし、手が汚れるのを防いでくれますよ。

私の場合は、キッチンのガスコンロで1~2秒炙ってくっつけました。

それがこのピンクです。青いほうに比べると見た目はスッキリ綺麗ですね。

この上からマスキングテープなどを貼ってしまえば、見た目も気にならなさそうです。

クーピーやクレヨンを折れにくくする防止策

クーピーやクレヨンが折れた時の直し方をご紹介しましたが、そもそも折れやすいクーピーやクレヨンを折れにくくする方法があるのか…調べてみました。

  • マスキングテープを巻く(クーピー・クレヨン)

ダントツの1位ですね。マスキングテープの人気っぷりもあって、多くの方がマスキングテープを巻いて補強されているようです。

様々な柄のマスキングテープがあるので、お気に入りかつ自分だけのクーピーやクレヨンにすることができますし、子供たちにも人気のようです。

  • セロハンテープを巻く(クレヨン)

クーピーにはありませんが、クレヨンは最初から紙のラベルが巻いてあります。使用開始前に、紙ラベルの上からセロハンテープを巻く方法です。1枚のセロハンテープで斜めに巻き付けていき、使用状況にあわせて少しずつ剥がしていきます。

これなら紙ラベルが汚れるのも防げますし、一石二鳥ですね。

  • キャップ・ホルダーを使用する(クーピー・クレヨン

出典:Amazon

クーピーやクレヨンのサイズに合ったキャップやホルダーを使用する方法です。一般的なクーピーは直径が約8mm、クレヨンは約11mmです。

クーピー・クレヨン専用のキャップやホルダーもありますが、価格も高め..。

サイズがあえば、クーピーは鉛筆キャップ・鉛筆ホルダー、クレヨンはチョークホルダーを代用して使用することもできそうです。

鉛筆は8ミリ以下とJISに決められているので、クーピーは鉛筆関連の用品にフィットすることが多そうですよ。

短くなったクーピーは鉛筆キャップを持ち手側にはめれば、長さを補うことができますし、新品のクーピーを折りたくないという場合には、鉛筆ホルダーを使うと防止策になります。

この方法を採用する場合は、クーピーやクレヨンの直径サイズと、購入するキャップやホルダーのサイズをしっかり確認してから購入しましょう。

  • ストローを巻き付ける(クーピー)

このアイデアはすごい!と思いました。ストローの直径サイズはさまざまありますので、クーピーとの直径サイズがあれば立派なカバーになります。

鉛筆ホルダーの代用品のような感じですね。

一般的なストローは直径が6ミリなので、直径8ミリのクーピーはやや大きいです。

クーピーとピッタリサイズである必要があるので、ストロー縦に切っていき、クーピーに巻き付けていきます。そして最後にマスキングテープを巻いてあげると完璧です。

持って書いた時のクーピーへの負荷がストローによって軽減されます。

おうちにあるもので簡単にできますし、個人的にはこの方法をオススメしたいです。

まとめ

クーピーやクレヨンが折れた時の直し方、折れないための防止策をご紹介してきました。

直したい時は、熱を加えることで簡単に直すことができます。

もしどうしようもなく粉々になってしまった場合は、やはり購入したほうが早いかもしれませんね。

クーピーは60円前後、クレヨンも60円前後で販売されています。

お気に入りの色がなくなった場合にも買い足せるのは嬉しいですね。

ぜひ大事なクーピーやクレヨンを大事に使ってあげてくださいね!

スポンサーリンク
336 280
336 280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 280