Dream Switch(ドリームスイッチ)の評判は?感想と口コミ紹介!子供の寝かしつけやクリスマスプレゼントに!専用ソフトも発売されたよ

Dream Switch(ドリームスイッチ)の評判は?感想と口コミ紹介!子供の寝かしつけやクリスマスプレゼントに!専用ソフトも発売されたよ

2017年にセガトイズから発売された「ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ Dream Switch ドリームスイッチ」を実際に使ってみた感想や、他の方の口コミをご紹介します。

多くのママが頭を抱えるのが、子供の寝かしつけです。寝かしつけ問題は0歳のときから続く、育児界の大きな問題だと思います。抱っこしてもダメ、添い寝してもダメ、読みきかせをしてもダメ…それでも泣き続ける子供に「こっちが泣きたいわ!」なんて泣き言を言いたくなります。

なかなか寝つかない子って、まだ遊びたいか、眠いのに寝られないってことが多いと思うのです。そんな時に遊びたい欲求と眠たい欲求を同時に解決してくれるものに出会いました。

それがホームシアターです。ホームシアターなら絵本のよみきかせのために部屋を明るくすることなく話をできますし、ゆったりとした音楽も流れます。そこでネットでポチポチと検索を始めました。

ネットで商品を漁っていると本当に多くの商品がありますね。特に「天井いっぱいホームシアター」が人気なようです。本体にもある程度の音楽が入っており、付属のカセットを入れ変えることによっていろいろな話を楽しめるという商品です。価格も安く、うまく寝ついてくれる子もいるようですが、ピントが合わない、思っていたより光が明るいとの口コミを見て、別の商品を検討するようになりました。

検索していく中で出会ったのが「ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ Dream Switch ドリームスイッチ」です。

ドリームスイッチの魅力

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

動く絵本プロジェクター Dream Switch ドリームスイッチ【送料無料】
価格:15982円(税込、送料無料) (2019/9/3時点)

楽天で購入

・コンテンツのボリューム

絵本は30種類、ことばは11種類、お楽しみは9種類とバリエーション豊かな点がとても魅力です。懐かしい「わんわん物語」から新しい「アナと雪の女王」など1話10分ほどなので2歳半の娘も集中して食い入るように見ていました。「ミッキーのジャックとまめのき」や「3匹のこぶた」などもあり、普段から絵本で読んでいる子なら馴染みのある物語があることも魅力だと思います。

ことばのコンテンツも動物の名前や果物の名前、ABCソングなどディズニーのキャラクターが紹介してくれます。娘も「キリンさん!カバさん!」など嬉しそうに見ていました。

特に3歳を過ぎたあたりから熱帯魚に夢中になる娘。何度も「もう一回!」と熱帯魚の部分だけをリピートでした(笑)

お楽しみのコンテンツにはトイストーリーのおもちゃたちを探しておもちゃ箱にしまうコンテンツや、ラプンチェルの幻想的なキャンドルの映像など、バリエーション豊かで子供も飽きません。

やはりディズニーは長年愛されるだけあって、いつの時代でも何度でも楽しめる内容が多いと思いました。

~追記~

2018年10月に「物語10話+ドリームナイトミュージック3曲が追加+ことば、おたのしみコンテンツ(この2つは本体と同じ内容)」の専用ソフトが発売されました。

物語は「アナと雪の女王」や「トイストーリー2」「ベイマックス」など最近のディズニー作品があります。

また、ドリームナイトミュージックも「いつか王子様が(白雪姫)」「茶色い小瓶」「ブラームスの子守歌」の3曲が追加されています。

アナ雪は日本でも大ブームになりましたよね。エルサの青いドレスを買ったなんてご家庭も多いのではないでしょうか。そんな子供も大好きなアナ雪がドリームスイッチで見られるのは嬉しいですね。

ただ、本体と一緒に販売されているソフトではメジャーな話が多い反面、今回の追加ソフトは大人でも見たことない話が多く、少しマニアックかな?という気がします。

ディズニーマニアだったら嬉しいかもしれませんが…(笑)

我が家には今のところ追加ソフトの購入は必要無さそうです。

専用ソフトを入れ替える際に、ネジを外さなければいけないのが面倒ですが、専用ソフトも小さいので子供が勝手に開けて誤飲してしまうという心配がなくなるのであれば、許せる範囲ですね。

・大人も眠くなるBGM、眠りへの誘導

ゆったりとしたBGMや語りは研究しつくされていると思います。映像もゆっくりと動き、絵本の終わりにはミッキーが目を閉じるように優しく誘導してくれました。また「キラキラ星(英語版)」や「星に願いを」などの子守唄をゆっくりと映し出されるディズニーキャラクターと共に流すこともできます。私もこの誘導には何度寝かけたことか…

寝かしつけた後にやることがある場合、危険なほど眠くなるので気をつけてくださいね(笑)

・電池がいらない!ACアダプタ付き

私は意外にもこれが購入の決め手となりました。電池って意外と値段が高いし、交換しなければいけません。その反面、コンセントから直接電力をとれるのですごく便利だと思いました。商品本体にもコードを埋め込める溝がついていたのでコードが邪魔になるようなことはありませんでしたよ。

・明るすぎない、ピント調整可能

1番心配していた映像の映りですが、全く問題ありませんでした。我が家の壁紙はかなり凸凹している素材なのですが、ピント調整機能のおかげで文字もくっきりでしたよ。ピント調整のやり方もレンズの周りをクルクルと回すだけなので、機械音痴な私でも簡単に調整できました。投影面と本体の距離も最短1mから最長2.6mと幅が広いので、ほとんどの家庭で使えるのではないでしょうか?

・角度調整可能

ホームシアターと聞くと天井に映し出すものを想像しますが、このドリームスイッチは壁にも投影することができます。天井の壁紙が暗くて映し出せない!というご家庭でも壁に投影できます。他にも、映画のように壁に投影して楽しんでも良いかもしれませんね。

また、真上に投影するだけでなく、足元に置いても角度調整することによって頭上に投影できるのでどこにでも置けますよ。

・オートオフ機能

眠くなるように作られていますから、見ながら寝てしまう…なんてこともざらにあると思います。コンテンツの再生が終わり、3分間操作がないと自動で電源が落ちます。つけっぱなしで電気料金があがることも、明るさで子供が起きることもなくなりますよ。また、その3分間も暗くして待機してくれているので、まさに寝かしつけのための商品だな~と感心しました。

・便利なリモコン

本体にもボタンはついていますが、一緒に寝転がっているのにいちいち起き上がって操作をしていたのでは、子供も寝ないですし大人も疲れます。そこで便利なリモコンの登場です。使ってみるとかなり感度が良いので、無意識に天井に向けて操作してしまうほどです(笑)

これも購入の決め手になりました。本体を足元やベッドサイドのテーブルに置いておいても操作ができるのは、置き場所を選ばないのでかなりポイントが高いです。

実際、リモコンが神隠しにあったことがあり、見つかるまでの間、本体のボタンで操作していましたが、非っ常に面倒でした。1つのコンテンツが終わるたびに起き上がって操作しなければいけないのは、眠い親の精神状態をじわじわと追い詰めることになりかねません。

子「ママ終わったよー(はよ次のコンテンツ流しての意)」

私「ああもう!いちいち起き上がるの本当面倒だし早く寝てよ!」となります。

余計イライラすることになりました(笑)

リモコンは必須ですね。

・知育にもつながる

絵本もことばのコンテンツも日本語か英語かを選べます。好きな物語を英語で流しておくだけでも、耳は英語の発音に慣れるので知育にとても良いと思いますよ。ことばのコンテンツでも英語選択できるので、身近な食べ物や色などの英語を知ることができるので子供も楽しいと思います。

・ママの声で読み聞かせ

字幕表示できるので、ママの声で読み聞かせすることもできます。安心感のあるママの声で子供もリラックスできますし、語りでは物語をきちんと理解できない子でもわかりやすい言葉に変換して話すこともできますね。寝る前の親子間の良いコミュニケーションになると思います。

物語が始まる前に、このようにして表記を選ぶことができます。

いちいち、設定を選択して→表記設定をして→物語を選択する という手間がかからないので、便利だと思います。また、この物語は音声あり、この物語はママの読み聞かせで、と1つの話ごとに簡単に変えられるのも嬉しい点です。

2歳の子供に使ってみた効果は?

注文した翌日に到着したドリームスイッチは予想以上に軽くてびっくりしました。サイズも手のひらに乗るほど小さかったので、ちゃっちいんじゃないかなんて疑ったり…(笑)

でもその可愛い見た目とは裏腹に、実力はすごい商品でした。

ちなみに我が家の天井はこんな感じです。木目調なので、購入前、写りの不安はかなりありましたが、実際の写りはこんな感じ↓

↑これは設定画面

消音でも見ることができます。また、映像を見ている途中でもリモコンの矢印ボタンで簡単に音量調整できます。

結構細かい文字もしっかり写っており、色もキレイに写っています。

いつもは「アンパンマン見たかった~」と泣きながら寝ついていた娘ですが、ことばコンテンツを見て、絵本を見て、子守唄を流しているうちに寝落ちするようにスーっと寝つきました。まだ0歳の弟がいるので添い乳しながら寝ている我が家にとって、とんでもない救世主が現れたと思っています。次の日からも「見たい見たい!」とせがむようになり、自ら布団に寝転がりました。うちの子がこんなにいい子になるなんて…(嬉泣)

対象年齢3歳からとなっていますが、動物の名前や野菜の名前など2歳でもわかるコンテンツもあるので十分楽しめますよ。

また乙女心をくすぐられるロマンチックな作りになっており、私も一緒に見ているうちに子供の頃を思い出すようなくすぐったい気持ちになりました。年頃の女の子ならプリンセス大好きだと思うので、ハマるだろうなと思います。

音量も調整できるので、子供が触らないように足元に置いても聞こえますし、枕元に置いてもうるさくありません。また、レンズとスピーカーはスライド式の蓋で覆われておるのでゴミも溜まらず、長年使えそうです。本当に良いものに出会えました。セガトイズさんありがとう!!

~追記~

現在使い始めて2年が経ちましたが、今も飽きずに見続けてくれています(4歳と2歳)。なんならリモコンの操作方法も覚えたようで自分の見たいものを選んで見ていますよ。

我が子はわりと飽き性なので、飽きないか心配していましたがそれも杞憂に終わりました。

特に上の子は女の子なのもあり、プリンセス系のお話に大ハマリ(笑)

セリフもばっちり覚えているので、字幕付きでひらがなを覚えていくようにしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

動く絵本プロジェクター Dream Switch ドリームスイッチ【送料無料】
価格:15982円(税込、送料無料) (2019/9/3時点)

楽天で購入

口コミをちょっとだけご紹介

「子供が自分から布団に入った」「絵本を持っている必要がなくなった」「5分以内に寝ちゃう」「友達に紹介します」「自由な時間が増えた」「買って損はしない!」など、皆さん大絶賛していました。

私もこれらの口コミに「うんうん!」と頷きながら読んでいます。

また、私が調べた範囲では「ピントを合わせるとき手がかぶっちゃう…」「ディズニーの話を知らないとわかりづらいかも」「値段が高い」というご指摘以外は特に大きな不満を見つけることができませんでした(すごい!)

確かに値段はそこそこありますが、ディズニーブランドなので仕方ないのかな、とは思います。我が家では誕生日プレゼント兼クリスマスプレゼントとして買いました。

まとめ

ママがイライラしていると本当に子供って寝ないんですよね(泣)まして叱ろうもんなら、大泣きでイライラ最高潮です。

そんな時は「ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ Dream Switch ドリームスイッチ」で楽しく寝かしつけしてみませんか?

これで子供が穏やかに寝てくれるのであれば、高い買い物ではないと思います。もし寝かしつけ方法や、ホームシアター選びに迷っている場合はこのドリームスイッチを候補に入れることをおすすめします。

スポンサーリンク
336 280