調乳ポットの購入は本当に必要なの?気になる電気代とレンタルの電気ポットとは!

調乳ポットの購入は本当に必要なの?気になる電気代とレンタルの電気ポットとは!

プレママの時に、私は私情があり完ミで育てる決断をしていました。

出産準備を進めているときに、友人から「完ミで育てるなら調乳ポットが必要だね!」と言われて、初めての出産でしたので「調乳ポット?なにそれ?」と疑問に思ったことがありました。

今日は出産準備を進めているママさんに向けての調乳ポットについての素朴な疑問を解決していきます!また電気ポットとの違いや、気になる電気代にも迫っていきますよ~!

調乳ポットとは?必要なもの?電気ポットとの違い

  • 調乳ポットとは

調乳ポットとは、赤ちゃんの飲むミルク作りに便利な「調乳用のお湯」が作れるポットのことを指します。

だいたい赤ちゃんのミルクの温度は、「70度」くらいが良いとされていますよね。

調乳ポットはそんな「70度くらいのお湯」が作れる電気ポットだと思って大丈夫です。

赤ちゃんが泣いて、ミルクが欲しがったときにわざわざ1からお湯を沸かさなくても、調乳ポットがあれば粉ミルクをほ乳瓶に入れて、調乳ポットで暖めてあるお湯を注げばすぐに適温のミルクが出来ますので便利です!

赤ちゃんを待たせる時間が短縮出来るのが、調乳ポットの最大のメリットになります。

  • 電気ポットとの違い

電気ポットとの違いですが、電気ポットは大抵80度~100度近くの温度設定が出来ます。

保温設定などができて、1ℓ~5ℓ近くのお湯が保温できたりします。

対して調乳ポットは1ℓ以下のお湯の量になっており、大抵は赤ちゃんのミルク用ですので温度設定も70度前後のお湯しか作れません。

あくまでも「赤ちゃんのミルク用のお湯」ということです。

電気ポットはコーヒーに入れるお湯、インスタント麺などなど様々なシチュエーションのお湯に対応できます。

  • 調乳用ポットって実際必要なの?

さて、完ミで育てる宣言から調乳用ポットの購入を友人から勧められていた私ですが…

調乳用ポットは買いませんでした!

代わりに2ℓの電気ポットを購入しました。

2日に1回、中にお水を入れるので楽ですよ。

また調乳用ポットを必要ないと判断した理由は、「70度のお湯なのでミルク用でしか使えない」ということ。

用途が限定されてくるんですよね。インスタント麺に入れるにしては温度が低すぎるし…といったところで、様々な用途で使える電気ポットの購入をすることに。

ミルク用で使用するのはもちろん、インスタントコーヒーを入れたりと他の用途にも使用してます。

なので、私はわざわざ調乳用ポットを買う必要はないと思います。

気になる調乳ポットの電気代は

私の友人で、調乳用ポットを実際に購入した方がいたので調乳用ポッドを使い始めてから実際にどれくらい電気代が上がったのか聞いてみました。

「普段の電気代から500円くらい上がったよ~!」

とのこと。

70度のお湯を24時間保温していると、それなりに電気代はかかるみたいですね。

また済んでいる地域によって多少電気代の高さも違ってくるかと思うので、参考程度にしてみてください!

調乳ポットはレンタルできる!おすすめの調乳ポットもご紹介!

調乳用ポットの購入を検討している方にオススメしたいのがレンタルの調乳用ポットです。

子育て用品のレンタル Clover Styleさんでは

ピジョンの調乳用ポットが14日間1620円(税120円)でレンタルすることができます。

http://careean.shop-pro.jp/?pid=35478726

調乳ポットの購入しようか悩んでいるけれど、購入までちょっと踏み切れないな~とモヤモヤしている時に短期間でレンタルしてみて、その商品が気に入ったら購入する!という形をとれるのが、レンタルの良いところですよね。

Clover Styleさん以外にも調乳用ポットをレンタルしているところがありますのでいくつが紹介したいと思います。

Nice Baby

https://www.nicebaby.co.jp/products/detail.php?product_id=269

Hello Baby

http://boshi.co.jp/?pid=5971911

愛育社

http://www.aiiku.com/ritem.php?n=53

  • オススメの調乳ポット

調乳ポットの中でも上位の人気商品は、やっぱりピジョンやCombiなどの

大手赤ちゃんメーカーが占めているようですね。

ピジョン 調乳ポット かんたんミルクづくり  10,000円(税抜)

出典:ピジョン

赤ちゃんのミルク作りに便利な調乳用のお湯が作れるポット。
ミルク1回分(200ml)のお湯なら約3分、700mlのお湯は約10分でできあがります。

お湯はそのまま調乳適温で保温できるので、保温をしておけばさっとミルクを作れます。
(室温25℃の場合、約70~90℃)
授乳回数の多い低月齢の時期や、夜間の授乳に便利です。

※調乳直後のミルクを授乳する際は、水を張ったボウルなどで、授乳に適した人肌くらいまでの温度までゆっくりと冷ましてから飲ませてください。
※ガラスポット、ガラスポットフタは、それぞれ部品としてご用意しています。

引用 https://products.pigeon.co.jp/item/index-63.html

調乳じょ〜ず70 HW 5900円(税抜)

出典:コンビ

冷ましやすく、衛生的な70℃以上を保つミルク用調乳ポット。

赤ちゃんの授乳間隔は、平均2〜3時間とも言われています。「調乳じょ〜ず70 HW」にお湯をセットしておけば、調乳の度にお湯を沸かさずスムーズなミルク作りができるので、夜中の調乳時にも活躍します。

メイプルウェア 調乳ポット いつでもミルク 5800円(税抜)

出典:Amazon

・沸騰したお湯を入れておくだけで、湯温を70℃以上にキープ。
いつでも赤ちゃんのミルクが作れます。

私のようなお湯を沸かして調乳ポットに移すことすらめんどくさい!というタイプなら

ピジョンの調乳ポットが水からお湯を沸かせるのでオススメです。

お湯をうつすのが苦じゃないタイプなら、調乳ポットにお湯を注いで70度に保温してくれるタイプでもいいと思います。

調乳ポットは赤ちゃんを待たせずにミルクが作れる

調乳ポットがあれば赤ちゃんが泣いたらササッとミルクが作れるのが大変便利ですよね。

私は上記で述べたように、電気ポットを購入しましたのでポットからお湯を注ぐ+冷まし湯で割るという感じにしていました。

ポットだとお湯を注ぐ行為に+αでこの冷まし湯を入れるという行為がついてきます。

調乳ポットだと最初からミルクの温度になっていますので、冷まし湯を入れなくていいのが楽ちんですよね。

ミルクの回数が多いママさんなら購入するのを検討しても良いと思います。

スポンサーリンク
336 280
336 280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 280