赤ちゃん用の洗濯洗剤と柔軟剤はどうする?いつから大人と一緒にすればいい?さらさの口コミと手洗いする方法

赤ちゃん用の洗濯洗剤と柔軟剤はどうする?いつから大人と一緒にすればいい?さらさの口コミと手洗いする方法

赤ちゃん用の洗濯洗剤を購入したり、もらったりして使っていると思いますが、一体いつまで使うのが正解なのか、疑問に思ったことはありませんか?

今回は赤ちゃん用洗剤を使うメリットや、いつまで使うのか、大人と一緒に洗濯できるのはいつからなのか紹介していきます。

赤ちゃんの洋服などを洗濯するときに使う洗濯洗剤と柔軟剤

生まれたての赤ちゃんの肌は少しの刺激でも荒れやすく、とても敏感な肌です。

特に大人が使っている洗濯洗剤や柔軟剤には「蛍光増白剤」「界面活性剤」という薬液が使われています。

これらの化学物質は、デリケートな赤ちゃんの肌への刺激になってしまうこともあります。

肌トラブルを抱えやすい赤ちゃんのことを考えると、なるべく低刺激であったり無添加の洗濯洗剤や柔軟剤を選んであげたいママが多いと思います。

私自身、元々アトピー性皮膚炎を持っているため私の赤ちゃんも、もしかしたら刺激物に過敏なんじゃないかと心配してベビー洗剤と柔軟剤を購入しました。

そんなママなりの心配もあると思うので、赤ちゃんの洋服などを洗うときはベビー用の洗濯洗剤や柔軟剤を使うのをオススメします!

それではまず、洗濯洗剤を選ぶ際の注意点をご紹介します。

以下に紹介する成分に注意して洗濯洗剤を選ぶと良いでしょう。

・界面活性剤

界面活性剤の説明に一番分かりやすいのが「水」と「油」の関係です。

水と油は絶対に混じり合うことはない分子ですが、その「水」と「油」の境界線には絶対に「界面」(表面)という境界面が出来ます。これは誰でも「水」に「油」をたらすイメージをすれば分かりやすいと思います。

界面活性剤は、この「界面」(表面)の部分に働きかける物質のことを指します。

「界面」(表面)部分に働きかけ、2つの混じり合わない物質が混ざり合うようにしてくれます。

このように働きかけるので、界面活性剤は強い浸透力と洗浄力があるので赤ちゃんの繊細な肌にも影響力は大きいです。

肌の角質までも通り抜けて浸透していくため、赤ちゃんの肌トラブルの原因にもなってしまうので気をつけたいです。

・蛍光漂白剤

蛍光漂白剤とは、漂白とも書いてあるとおり「白い」ものをより「白く」見せる洗剤に含まれている添加物です。

洗濯すると、白いものも少しくすんできてしまいます。本来の白さを保つために本来洗濯洗剤に含まれています。

害物というわけではなく安全な成分であることは既に調査済みなのですが、赤ちゃんの洗濯洗剤に必要性のないものです。

添加物ということで、万が一肌への刺激の1つにもなっても困るので避けておくといいです。

・柔軟剤や洗濯洗剤に含まれる香り成分

良い香りがする洋服で、赤ちゃんも心地良いのではないの?と思いがちですが、

赤ちゃんは大人よりも匂いの感覚にも敏感です。

大人にとっては良い香り!と思っても、赤ちゃんにとっては刺激が強すぎてしまうこともあります。

人工的な香りのものよりも、天然由来のより赤ちゃんに優しい香りのものを選ぶようにしてあげるといいかもしれません。

香り成分にもちょっと注意が必要ですね。

この3点に注意して、赤ちゃん用の洗濯洗剤と柔軟剤を選んであげてみましょう!

大人用の洗濯洗剤と柔軟剤はいつから赤ちゃんの物と一緒にしていい?

洗濯洗剤と柔軟剤、じゃあいつから大人の物と赤ちゃんの物を一緒に洗濯すればいいんだろう…。タイミングが分からない!というママさんが多いかと思います。

この疑問の答えに「正解はない」のが答えです。

特に洗濯用洗剤や柔軟剤に「○○歳から一緒に使ってください」という注意書きはありませんよね。そういうことなのです。

最終的にはご両親の判断で大人用の洗濯洗剤や柔軟剤と一緒にするということになります。

ただ、赤ちゃんがアトピーであったり肌が弱めであれば気になる所ですよね!

なので1つの目安として、乳幼児から幼児になる「満1歳」から大人と一緒に洗うようにしてもいいかもしれません。

でもうちの子は肌が弱めで心配…という方もいらっしゃると思います。

そういうときは子どもの分だけ洗濯機の機能にある「すすぎ」をもう1度かけておくより安心できるかもしれません。

また、もうひとつの切り替え時として、洗剤1本を使い切ったら大人と一緒に洗うということもできます。実際そうする方が多いのではないでしょうか。

子供が敏感肌とかでない限りは、それでも良いと思います。

実際我が家では、お試し用にもらった洗濯洗剤を1度使ったきりで、新生児のときから大人と一緒に洗っていました。だっていちいち分けて洗うの面倒なんですもん(笑)

特に肌トラブルとかはなかったので、一緒に洗うことができましたが、心配な方はせめて新生児の期間だけでも使ってあげるのが良いと思います。

あとは子どもの肌トラブルと相談しながら様子を見てあげて、徐々に大人用と一緒に洗ってあげてもいいかもしれませんね。

無添加の洗剤で有名な「さらさ」!その口コミとは

赤ちゃん用の洗剤としても使える、蛍光剤や漂白剤、そして着色料無しの無添加洗剤で有名な「さらさ」!実際に使っている方の口コミはどういう感じなのでしょうか?

その口コミについて調査してみました。

高評価な口コミをつけている方は7割くらいいらっしゃいます。

・優しい香りが良い

・アレルギー持ちだけど問題なく使えた

・乾燥肌の子ども用の洗剤に悩んでいたが、結局さらさで落ち着いた!

・うんちなどの汚れにも対応できた。

一番多いのが汚れなども問題なく落とせて、なにより優しい香りが良いと思う方が大半みたいです。赤ちゃん用の洗剤としても、大人用の洗剤として使っても優秀なのかなという所でした。

また対して1割くらい方がこんな口コミもありました。

・香りが気になる。無香料にしてほしかった

・香りが気になり、何回かすすぎをしても香りが取れず匂いがキツかった

・無香料かと思って買ったが、香りが合わず頭が痛くなって子どもにも使うのをやめた

特に香りのトラブルが多いみたいです。

やっぱり匂いについては好みもありますし、合う合わないというのは分かれるように思います。汚れについては問題なく落とせるようなので、あとは香りで判断するしかないようです。

赤ちゃんの洗濯を手洗いする方法

赤ちゃんが吐いてしまったり、ウンチをつけてしまったり、ちょっと高級な服で洗濯機洗浄ができなかったりと手洗いするシーンって意外と多いですよね。

そこで、手洗いのコツなどをご紹介します。

まず、手洗いするときのコツは温度です。

冷たすぎず熱すぎず、30度~40度の生ぬるい状態を保って手洗いしていきましょう!

そして、時間をかけすぎずに短時間で洗うのがもっとも赤ちゃんの洋服が傷まずに済みます。

ぬるま湯の温度で赤ちゃんの洋服を洗剤で短時間で優しく洗ってください。

そしてすずぎの段階で柔軟剤を入れます。

すすぎの際には、ぬるま湯を一回入れ替えるのがポイント!

そして柔軟剤をぬるま湯で溶かしてからお洋服をすすぎます。

脱水の際には、洗濯機の脱水にかけるのも良いですが最後まで洗濯機を使わない場合は、

タオルを用意して、すすいだお洋服をタオルで優しく包みます。

そしてポンポンと叩いていき、水が滴らなくなったら終わりです。

まとめ

赤ちゃんの洗濯についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

赤ちゃん用の洗濯に何歳までといった決まりはないですが、大人と別洗いするのも手間がかかりますよね。洗剤1本を使い切ったら大人と一緒に洗うのが、良い切り替え時なのではないでしょうか。

なるべく家事の負担を減らして、楽に過ごしたいですね。

スポンサーリンク
336 280