メルちゃんやぽぽちゃんの髪の毛をボサボサからサラサラに復活したい!お風呂の後はどうするの?

メルちゃんやぽぽちゃんの髪の毛をボサボサからサラサラに復活したい!お風呂の後はどうするの?

お人形の代表格のメルちゃん、ネネちゃん、ぽぽちゃん(最近ではレミンちゃんソランちゃんも仲間入りしましたね)は

髪をとかしたり、一緒にお風呂に入ったりできるのが醍醐味ですが、それと同時に髪の毛がボサボサ、ゴワゴワになってしまうのもよくある悩みです。

我が家にもメルちゃんがいるのですが、毎日お風呂に入ったりしていると髪の毛がだんだんとボサボサになってきました。

クシを通しても途中で引っかかり、無理に梳かそうとすると髪の毛が抜けてしまいそうで梳かすに梳かせません。

また人形遊びでは、髪の毛を結んで遊ぶこともありますよね。

やったことある方なら誰しもが必ず経験すると思うのですが、髪を結んだ跡が残るんです。

これが結構やっかいでクシで梳かしてもなかなか元に戻りません。

そんな手ごわい人形の髪の毛問題。その解決方法をご紹介していきますね。

髪の手入れでやってはいけないこと

そもそもメルちゃんの髪の毛は合成繊維で出来ています。

そのため熱に大変弱く、ドライヤーの使用やストーブ、ファンヒーターの近くに置くことは厳禁です。

1度やってしまうと髪の毛が縮れ麺のように縮れてしまいますので、絶対にやらないように注意してください。

これは….恐ろしいですね。

熱湯をかけてサラサラにするといった方法を紹介しているサイトもありますが、縮れるリスクを考えたら避けたほうが無難だと思います。

また冬なんかは特に、お風呂上がりなどなかなか乾かないと思いますが、製作元のパイロットインキさんもドライヤーなどの使用をおすすめしていません

どうしても早く乾かしたい時は、冷風を当てるようにすると良いかもしれませんね。

もう1つ注意してほしいのが、中性洗剤(食器洗剤)で髪を洗うことです。

食器の油汚れを落とすくらいですから、メルちゃんの髪のキューティクルも取ってしまいます。

余計髪のクシ通りが悪くなるので、使用しないことをおすすめしますよ。

ただ、皮脂などの汚れ落としにはなるので、洗った後にこの後紹介するリンスなどをすれば、キシキシ感は軽減されます。

それでは前置きはこのくらいにして、ここからはいよいよメルちゃんの髪の毛復活法をご紹介します。

メルちゃんの髪の毛をサラサラにする方法

人形の髪が絡まってしまった場合の対処法はHPにはこう書かれています。

大人の方がくしを使って毛先から少しずつ、やさしく梳いて髪を整えてあげてください。絡まった髪を無理に引っ張るとさらに絡まりやすくなります。くしが引っかかったら一度外して、毛先から順にほぐしながらといてください。髪がもつれるときは霧吹きなどで湿らせてからブラッシングするとやりやすくなります。

ですが、当ブログをご覧になっている方は、もはやこの対処法では元に戻らない状態だと思います。

では、どのようにしたらサラサラになるのでしょうか。

メルちゃんの髪の毛をさらさらにする方法として以下の方法があります。

・柔軟剤で洗う

・シャンプー、リンスする

・蒸しタオル

・シリコンスプレー

・頭部交換

ご家庭にあるもので、できる方法がほとんどなので、ぜひチャレンジしてみてください。

柔軟剤とリンスは実際に試してみました!

柔軟剤で洗う

この柔軟剤で洗う方法、最初は「え?柔軟剤?」と思うかもしれませんが、かなり理にかなった方法だと思いますよ。

先程も紹介しましたが、メルちゃんの髪の毛は合成繊維でできています。

合成繊維は洋服にも使われる素材なので、洋服を洗う時に使う柔軟剤はメルちゃんの髪の毛にぴったりのアイテムなのです。

最近のおしゃれ着洗いの柔軟剤なんかもそうですが、柔軟剤は洋服の繊維1本1本に対応した作りになっています。

そういった繊維1本1本に効果をしめすことができる柔軟剤の力がメルちゃんの髪の毛もサラサラにしてくれるのです。

やり方

  1. お風呂桶に少し熱めのお湯をはる
  2. お湯に大さじ1杯ほどの柔軟剤を入れる(適量を見ながらお願いします)
  3. メルちゃんの髪の毛を浸し、毛先から優しく梳く
  4. クシが通るようになったら軽くお湯で洗い、自然乾燥させる

最後乾燥させるとき、ラップを巻いて自然乾燥させることで、乾く際に髪の毛が広がることを防げます。

この方法でだいぶメルちゃんの髪の毛は復活すると思いますよ。

ちなみに…

我が家では最近流行りのジェルボールの洗濯洗剤を使用しています。

以前なら、洗濯する際に洗剤と柔軟剤を入れてセットしてから洗濯していたので、メルちゃんを柔軟剤で洗う、ということができたのですが、ジェルボールではそうはいきません。

そこで私がどうしたかというと、洗濯の途中で一時停止し、メルちゃんの髪をつけるという手段です。

もしジェルボールの洗剤をお使いの方はこの方法で試してみてください。

やってみた

~追記~

柔軟剤を買ったので、ちゃんと試してみました。

まずは、ボサボサのメルちゃんがこちら。

こうなるとクシでとかしてもサラサラになりません(泣)

①柔軟剤を水に入れる(量は適当)

②メルちゃんの髪を浸す

子供にやってもらいましたが、おままごとのおたまのようにグルグルと回されるメルちゃん。

しかもおままごとの鍋を桶代わりにしちゃってます(笑)

③タオルドライ

メルちゃんの髪をタオルドライします。

あまりこすらないようにしてください。

こするとボサボサになります…。

④乾燥させる

タオルをかぶせたまま乾燥させてもよいですが(髪の広がりぼうしのため)、輪ゴムで髪を固定して乾燥させるのもおすすめです。

完全に乾燥するまで、そのままだと輪ゴムの跡がついてしまうので、時々輪ゴムの位置をずらしながら乾燥させます。

⑤完成

乾燥すれば完成です。

リンスでやるよりも髪がサラサラになります。

個人的には、この柔軟剤を使った方法が1番おすすめです。

メルちゃんの髪の毛から良い香り~!

シャンプー&リンス

この方法が1番簡単かもしれません。

文字通り、メルちゃんにシャンプーとリンスをしてあげます。

パイロットインキさんのホームページでもシャンプーができると明記されているので、メルちゃんが傷む心配はしなくて良いようです。

お子様に使用しているものと同じシャンプーを水で薄めてご使用ください。やさしく洗った後、お湯を使ってよくすすいでください。お風呂で遊んだあとはタオルなどで抑えて水分を取った後、ブラッシングしてそのまま自然乾燥してください。頭の中に水やシャンプーが入った場合は、お手数ですが大人の方が頭とボディを外して水を抜いてください。
パイロットインキHPより

リンスは髪の毛を1本1本コーティングしてくれますので、メルちゃんの髪の毛にもある程度の効果は期待できます

ですが、柔軟剤ほどではなさそうです。

これも乾かす時にはタオルドライにして、後は自然乾燥させましょう。

やってみた

まずは、ボサボサのメルちゃんがこちら。

うーん、なかなかのボサボサ具合です(笑)

①シャンプーする

そして濡らした髪をシャンプーしていきます。

子供が触った髪なので、少なからず皮脂汚れなどがついています。

なので、シャンプーをしてキレイにしました。

②リンスする

シャンプーを流したら、リンスをしていきます。

我が家は子供にやってもらったので、大雑把ですが、クシなどで丁寧にリンスしていくと良いと思います。

③タオルドライ

タオルドライをします。

洗ったので、最初の状状態よりはマシですね。

④クシでとかし、乾燥させる

クシで優しくとかしたら、乾燥させていきます。

髪が広がらないように、タオルをかぶせながら乾かしました。

ラップをかるく巻いて乾かしても良いですよ。

また、タオルをかぶせたまま乾燥させても良いですが、輪ゴムで髪を固定して乾燥させるのもおすすめです。

完全に乾燥するまで、そのままだと輪ゴムの跡がついてしまうので、時々輪ゴムの位置をずらしながら乾燥させます。

⑤完成

乾燥したらこんな感じです。

最初の状態と比べたら、だいぶ良くなりました(笑)

リンス&シャンプーの良い香りがするメルちゃんの完成です。

髪のボサボサはとれましたが、柔軟剤に比べると髪の柔らかさは劣るような…?

使うリンスの種類にもよると思います。(我が家は安いリンスなのであまりサラサラにはなりませんでした)

蒸しタオル

大人が目に当てると気持いいやつです(笑)

この方法、メルちゃんの髪の毛が劇的に変わるかと聞かれたら、「Yes!」とは答えづらいですが、髪の毛を結んだ結び跡程度の問題でしたら解決できると思います。

ようは、シワのついた洗濯物にアイロンをかけていくイメージですね。

実際にアイロンをかけてしまっては、髪の毛が縮れてしまうので、’’蒸しタオルで’’というのが需要です。

リカちゃん人形のように最初からパーマがあててある人形の、パーマを取り戻すために行う方が多いようですが、我が家にはリカちゃんがいないので本当にパーマが戻るのかわかりません。(ごめんなさい…)

やり方

レンジや少し熱めのお湯で温めた蒸しタオルをメルちゃんの頭に巻く方法で、蒸気でパーマをあてる感覚です。

温めたタオルをメルちゃんの頭に巻いたら3分ほど置いておきます。

3分経ったらクシで梳かしておしまいです。

シリコンスプレー

コスプレのウィッグのお手入れで良く使われるシリコンスプレーを使用します。

そもそもシリコンスプレーとは、素材の表面にシリコン被膜をつくり、滑りをよくする潤滑スプレーです。

調べてみたらウィッグでもパサつき、ボサボサ問題はかなりあるようで、ちゃんと対策商品が売られています。

「クラッセ シリコーンスプレー」 という品質、安全、安心に気をつけられた国産の商品が800円販売されていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【店内P最大20倍】クラッセ シリコーンスプレー 200ml
価格:880円(税込、送料別) (2020/5/11時点)

こちらは、きちんとウィッグようのスプレーとして販売されているものです。

他にも「KUREのシリコンスプレー」というのもウィッグ愛用者には人気があるようです。

子供の触れるものに、シリコンスプレーはちょっと…という方は、フードシリコンスプレーもおすすめです。

偶発的に食品にかかっても害を与えないというフードシリコンスプレーもサラサラにしてくれます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KURE 呉工業 フードシリコンスプレー 430ml NO1413
価格:677円(税込、送料別) (2020/5/11時点)

もしこれまで紹介した方法で復活しないようでしたら、他にもこのようなスプレーは販売されていますので、試してみると良いかもしれませんね。

もし使う際は、見えない部分で1度試してみてからチャレンジしたほうが良いと思います。

シリコンスプレーは、いたずらに貼られたシールなどが取りやすくなったり、はさみの切れ味を復元したり、カーテンレールの滑りを良くしてくれたりと活躍の場は多いです。

1本持っておいても良いかもしれませんね。

実際に、人形用のオイルミストでも効果を感じられるようです。

風通し手の良いとろこでメルちゃんを1日おいて乾かしました。

この時点で髪の毛はサラサラになっていましたが、他のお人形のお手入れにドール用のオイルミストを所有していたので、今回髪の毛に使ってみました。

メルちゃん髪の毛お手入れ

オイルミストを追加してみると、サラサラで艶がでた髪の毛になりました。

これをつかるときれいな髪の毛に長持ちするのかな?

シャンプーだけでも綺麗になりますが、気になる方はぜひお試し下さい。

引用:https://doll-kamiyu.com/merutyan-sorantyan/meru-hair/

頭部を交換してもらう

これはもう最終手段です。

パイロットインキさんに相談すると頭部だけ売ってくれることがあるようです。

私の調べた範囲では、Amazonなどのようなサイトでは頭部のみの販売を見つけられなかったので、一般的に売られているものではないようです。

パイロットインキへの問い合わせは下記の番号から行えます。

住所:〒466-8588 名古屋市昭和区緑町3-17
TEL:052-732-4924
電話受付時間:月~金(祝祭日を除く) 9時~12時、13時~17時

メルちゃんをキレイに維持しよう

せっかく髪の毛もサラサラになったのなら、ぜひそれを維持していきましょう。

そのためには以下の3点に注意して手入れしていくと良いです。

静電気

メルちゃんの髪の毛を梳かしてあげるのはとても大切ですが、その際に静電気に注意するとよいです。

私たち人間の髪の毛も静電気で傷みますよね。メルちゃんも同じです。

なるべく静電気が発生しないように木製のブラシなどを使うようにしましょう。

こまめなブラッシング

小さい問題は小さいうちに解決しちゃいましょう。

ちょっとした髪の毛の絡まりがやがて大惨事になります。

なので日常的にこまめにブラッシングしてくださいね。

もし、絡まっている場合は、根元から一気に梳かすのではなく毛先の方から優しく梳かしてあげましょう。

リンス

毎日ではなくて良いので、すこしごわついてきたらリンスをしてあげると良いと思います。

自分や子供のシャンプーのついでに行えると良いですね。

パイロットインキさんのHPにもボサボサにならないようにする方法として、ブラッシングを推奨しています。

遊んだ後に毎回、優しくブラッシングして、髪の毛が絡まっていない状態に戻して下さい。絡まってとけない時は『お人形の髪の毛が絡まってしまい、くしでとけません。』の項目を参考に大人の方が手入れしてください。

メルちゃんのお風呂上がりの乾かし方もご紹介していますのでよければご覧下さい。

まとめ

メルちゃんの髪の毛の手入れ方法についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

私的には、柔軟剤の方法が1番おすすめですので、良ければ挑戦してみてくださいね。

また日常的にこまめに手入れしてあげるとサラサラ具合が維持されると思うので、ぜひ頑張ってみてください。

お子さんの大好きな人形の髪の毛が復活しますように…!!

スポンサーリンク
336 280
336 280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 280