新幹線の子供料金は何歳から?指定席や予約の検索の仕方は?安くあげるコツなど

新幹線の子供料金は何歳から?指定席や予約の検索の仕方は?安くあげるコツなど

新幹線の料金の見方って、難しいですよね。特に子供料金の見方が複雑です。小児とか幼児とか乳児とか境界線は何歳?抱っこしたら安くなる?体は小さくても指定席は大人と同じ料金取られる?新幹線の料金の仕組みや安くあげるコツなどをご紹介。

新幹線の自由席・指定席、子供料金はいくらになる?

未就学児は無料。ただし指定席は有料。

新幹線には一般の大人料金とは別に「子供料金」というものが設定してあります。小学生は半額、未就学児(0歳〜6歳)は無料、というのが原則です。

在来線と同じなのでこれはわかりやすいですね。

ただ、未就学児(0歳〜6歳)については扱いが少し複雑で、「自由席なら無料」「指定席は有料」ということになっています。

そう混雑が予想されていなくて十分座れるようでしたら、自由席を使うと未就学児はお金がかからないということになります。

しかし自由席利用の場合でも、時期や車両によっては、無料の範囲に制限があることがあるので事前の確認が必要です。

小さい子供でも指定席にするとお金がかかります。体は小さくても座席を一つ占領するという意味で有料です。

このときに必要なのは子供料金の乗車券と指定席特急券です。

つまり、新幹線の指定席で未就学児に席を利用させるには、子供の乗車券」+「子供の指定席特急券」が必要になります。

「指定席券」だけが必要なのではなく「乗車券」も必要になる、ということに注意しましょう。

子供を膝の上に座らせておいても、新幹線料金はかかる?

未就学児(0歳〜6歳)に限り指定席であっても無料。

自由席は席に座っていようが膝の上であろうが未就学児は無料です。指定席でも、未就学児を大人の膝の上に座らせて利用するのであれば料金はかかりません。

「座席を占領しているわけではないから」という判断です。大人一人に対して未就学児二人まで無料です。

子供2人を膝の上に乗せて、長時間新幹線に座っているのは、それはそれで大変ですけどね。

長時間立ちっぱなしのお客さんがいたり、お年寄りや妊婦の人がいたりするのであれば、子供を膝の上に移して席を空けるなどの譲り合いは大切にしたいものです。

小学生は例外。

小学生は膝の上でも運賃がかかります。

自由席でも指定席でも膝の上でも、すべて「こども料金」つまり「おとな料金の半額」が必要になります。

すごく混雑して座れるところがないという場合を除き、同じ料金ですから、席を一つ抑えてあげたほうが楽です。

それに小学生以上ならもう大人の膝の上には「乗れない」か「乗らない」かのどちらかですよね。

JR東海の新幹線子供料金。(2018年6月現在)

もっと具体的に詳しく見て行きましょう。どこの新幹線も基本は同じです。

ここではJR東海のデータを使います。

「おとな」と「こども」の違い。

まず、「おとな」と「こども」の区分ですが、JRでは下のように分けています。

JRの「おとな」「こども」
運賃区分 年齢 運賃・料金
大人 12歳以上
(中学生以上)
大人運賃・料金
(正規価格)
小児 6歳~12歳
の小学生
小児運賃・料金
(半額)
幼児 1歳~6歳
の未就学児
無料
乳児 0歳 無料

新幹線の子供料金の有料と無料の区分は、上記の通りです。12歳でも小学生なら半額、6歳でも幼稚園児なら無料です。料金が変わる基準となる日付は4月1日です。

出典:https://jr-shinkansen.net/

新幹線を利用する際、0歳から6歳までは無料です。基準日は4月1日。

つまり、小学校入学前までの子供は全員無料です。

ただし、人数制限があります。

大人は一人しかいなくて無料の幼稚園生や保育園生が十数人乗ってきた、なんてことになったら、JRとしても大損です。

そこでこんなルールがあります。

「料金を支払って乗車する大人1人(小学生でも可)につき、無料となる未就学児は2人まで」です。

たとえば、親が1人で未就学児が3人の場合

「1人分の大人料金で子供2人が無料、残りの1人分の子供料金は別に払う(こども料金なので大人の半額)」ということになります。

親が1人で小学生の子供が1人、未就学児が4人の場合

料金を支払って乗車する旅客が2人(親と小学生)いますので「合わせて4人全員の未就学児が無料」になります。

例外として、幼児に料金が発生することがあります。幼児のみで新幹線を利用する場合がそれにあたります。

幼児が一人または幼児のみのグループで旅行すると、大人の半額(こども料金)の料金支払いが必要です。

「乗車駅まで両親が送り、下車駅で祖父母が迎えに来る」という幼児だけの冒険旅行は十分考えられますね。

こんな場合は幼児であっても「こども料金」分を支払わないといけません。

自由席・指定席の違い

自由席・指定席の違いについては下の表のようになります。

出典:https://iko-yo.net/

こども(小学生)は大人料金の半額です(5円の端数は切り捨て)。自由席の場合は、自由席特急券が半額になりますし、指定席の場合でも、指定席特急券が半額になります。

詳しくはJRごとに公開している早見表を見てみると、具体的な運賃がわかります。

運賃や時刻表を調べるならここ!→ 情報新幹線

ただし、グリーン券には「こども料金」はありません。「おとな」と同額です。

グリーン車を使う場合は、「こどもの運賃」+「こどもの特急料金」+「おとなのグリーン料金」がかかります。

一部の新幹線(「のぞみ」「みずほ」「はやぶさ」「こまち」など)では、利用時に割増料金がかかります。この場合も、料金が半額になるルールは変わりません。割増料金も含めて半額になります。

最後に、実際の例として東京〜新大阪間の料金を挙げておきます。(2018年4月現在)

新幹線大人料金(一般窓口で購入した場合)
種類 乗車券 特急料金 総額
自由席 8,750円 4,870円 13,620円
指定席(ひかり) 8,750円 5,390円 14,140円
指定席(こだま) 8,750円 5,390円 14,140円
指定席(のぞみ) 8,750円 5,700円 14,450円

※グリーン料金は上記にプラス5,300円。

新幹線子供料金(一般窓口で購入した場合)
種類 乗車券 特急料金 総額
自由席 4,370円 2,430円 6,800円
指定席(ひかり) 4,370円 2,690円 7,060円
指定席(こだま) 4,370円 2,690円 7,060円
指定席(のぞみ) 4,370円 2,850円 7,220円

※グリーン料金は上記にプラス5,300円。グリーン料金は子供も大人と同じ価格です。

出典:http://www.shinkansen-yoyaku.com/

予約の仕方や安くあげるコツ

予約はネットで!

新幹線の予約は駅の窓口でも買えますが、ネット予約が便利です。

全国どこからでも日本中の新幹線の予約ができます。

遠い駅まで時間をかけて切符を買いに行っていた頃(昭和時代!)からすると、ずいぶん便利になったものです。

各路線の新幹線予約サイトは下のようになります。

予約をするために会員登録が必要になる場合があります。

少々手間はかかりますが、予約をしたいタイミングで思い切って登録をしておくと、次からはスムーズに予約がとれるようになります。

安くあげるコツ!

①早割を使う

新幹線のチケットには、早めに購入すると安くなるものがいくつかあります。この「早割」のうち、こども料金の割引設定があるきっぷを使うとお得です。

例えば、東京から京都への往復に使える「EXのぞみファミリー早特」という早割があります。年会費無料のスマートEXに登録すれば、すぐに購入が可能です。

②ネット割引を使う

時期にもよりますが、ネットで予約すると駅の窓口で買うよりも安くなります。インターネット割引が適用されるのです。

サイト内をよく探すと、お得な限定切符を安く手に入れられることも。

会員登録しておくことで、直前の予約でも指定席が年中お得になるサービスもあります。

③自由席だけを使って行く

未就学児を連れて旅行に行くなら、自由席を使うのが最も安く上がります。

とはいうものの、自由席は必ずしも空いているとは限りません。とくに、「のぞみ」などの高速列車は満席のことが多いです。

一方、「こだま」や「やまびこ」などは自由席も多く、席も空いていることが多いので、未就学児を連れた旅行の場合は、そうした列車を利用するのがオススメです。

④閑散期を狙う

新幹線の運賃は、季節や曜日などで微妙に変わってきます。閑散期・通常期・繁忙期に分かれており、その時々で金額が変わります。

(例)

閑散期:200円引き

通常期:そのまま

繁忙期:200円アップ

大型連休や夏休み、冬休み、お盆や正月などは繁忙期にあたり、料金が高くなります。

旅行の時期を自由に設定できるのであれば、閑散期を使うと、混雑にも巻き込まれず、運賃も安くあげられます。

⑤往復割引を使う

行きの日にちと帰りの日にちがはっきりしていれば、往復切符を買いましょう。

移動距離にもよりますが、片道だけの金額より、割安になる可能性が高いです。

帰りの切符を買いに行かなくてもいいという安心感もあります。

⑥旅行会社のセットプランを使う

子どもと一緒に新幹線で往復し、行き先で宿泊する家族旅行に行く方も多いでしょう。

そんな家族旅行で利用したいのが、新幹線ホテルパック。

子供料金の設定もあり、家族での新幹線旅行もネットで予約することができます。

新幹線やホテル代を別々に支払うよりも、ずいぶん安く上がります。

有名な観光地なら、各旅行会社が競って安いプランを紹介してくれます。

⑦限定サービスを使う

ホテルや路線の予約サイトをよく探すと、会員限定サービスが紹介されていることがあります。

区間や時期が限定されていることが多いですが、費用は格安です。

敢えてその時期に合わせて旅行を計画するのもオススメですよ。

いろんな特典が準備されていることも。

以下は特別なスキルや資格がいるということで、裏ワザ的なものです。

⑧回数券を使う

新幹線料金が安くなる方法の一つに回数券があります。

しかし、回数券のほとんどは大人用のみで、子ども用の設定がありません。

家族旅行には向かないかもしれませんが、大人の費用だけでも抑えられる可能性があります。

鉄道関係に詳しい人向け。

⑨金券ショップやネットオークションで探す

金券ショップやネットオークションで格安チケットを手に入れることができるかもしれません。

タイミングと、運次第です。

もし見つかったら、それだけでもう満足してしまうかもしれません。

奇跡を信じて探してみるのも旅行の楽しみ?

⑩株主優待を使う

JRの株を持っていると、株主優待で運賃が安くなります。株主優待券は、金券ショップで買えることもあるそうです。

身の回りにそんなお金持ちがいないので実感はないですが「株主優待」という言葉自体、甘美な響きです。うらやましい…。

路線によっては運賃が半額になることもあります。

まとめ

新幹線の子供料金についてまとめてきました。参考になりましたら幸いです。

我が家で次に新幹線予約をするとしたら、

「閑散期」早割」を使ってネット予約」し、自由席」往復切符」を買う。

ですかね…。

「旅行会社のセットプラン」も魅力的です。

それより、いっそ「JRの株主」にでもなろうかな…。

あなたには次はどんな旅行が待っていますか?

スポンサーリンク
336 280
336 280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 280