孫のお年玉の相場は?赤ちゃんや幼稚園、小学生、中学生、高校生別にご紹介!

孫のお年玉の相場は?赤ちゃんや幼稚園、小学生、中学生、高校生別にご紹介!

年末になると色々頭が痛いお年玉。我が子がどれくらいもらっているのか、よくわからない時があるし、だからといって、たくさんあげるだけのゆとりはないし。いっそポチ袋を透明にしてくれないかなあ…。ちょうどいい感じのお年玉の相場を調べてみました。

お年玉の額はおつきあいの程度で考えましょう

お年玉の相場は、どれ位のお付き合いがあるかで変わってきますよね。

しょっちゅう行き来している知人や親戚なら、もらった金額相当分はお返ししておきたいと思うし、疎遠になってるところには、余計な気を使わせない範囲の金額がいいのかな?と考えます。

あまり多すぎるのも良くないと聞くし…。

我が家の場合は、お年玉をあげるのは、親戚が中心です。4人兄弟でそれぞれ子どもが3人ずついますので、12人に毎年お年玉を配っています。

子どもたちが小さい頃は良かったのですが、小学生から大学生まで年齢が広がってくると、トータル金額はバカになりません。

でも、我が子もそれだけの金額はもらってきてるので、「まあそれはお互い様かな?」ということでみんな納得しています。

お年玉の相場は、いろんなところでデータが取られています。そのデータを並べてみると、年齢ごとの「ほぼ平均」という金額が見えてきます。

以下年齢ごとに「失礼にならない程度の、少なめ」「一般的な、ほぼ平均」「奮発したい時の、多め」に分けてまとめてみます。

また、かわいい孫には特に喜んでもらいたいものです。「おじいちゃん、おばあちゃんのケチ!」と言われない程度の「孫へあげるお年玉」の平均もまとめておきます。

「お年玉の公式」もいくつか存在します。

年齢×500円(年齢÷2×1000円と同じ

学年×1000円

などです。

ここでは、使っている人が最も多いと思われる「年齢×500円(年齢÷2×1000円)」の計算結果も付け加えておきます。

おつきあいの程度と突き合わせながら、お年玉金額の判断材料にして下さい。

赤ちゃん、幼稚園生のお年玉の相場は?孫の場合

赤ちゃんから小学校入学前までの相場です。

多くの統計で1000円程度、という結果が出ています。ここら辺が標準でしょうか。

しかし、小さいうちはお金の意味がよくわかっていませんので、お金よりもモノの方が喜ぶということもあります。

小さい子にとっては、紙切れと変わらない紙幣よりも、お菓子のたくさん詰まった福袋の方が嬉しいのかもしれません。

そういえば我が子も、千円札よりも、チョコがいっぱい詰まったクリスマスの売れ残りの長靴の方が喜んでいたような…。

お孫さんには、おもちゃやお菓子をセットにして渡すと「おじいちゃん、おばあちゃんからもらった!」といつまでも覚えていてくれると思いますよ。

また音のしないお札よりも、ジャラジャラいう硬貨の方が嬉しい子どももいますので、たくさんの硬貨にして渡すと、安くても喜ばれる?かもしれません。

図書券にして好きな本を買ってもらう、というのもいいですね。

卒園や初節句などのお祝い事が重なっていたら、お祝い金をプラスして渡す、という方法もありますよ。

赤ちゃんから小学校入学までの相場

少なめ    500円

ほぼ平均 1000円

多め   2000円

孫   お菓子やおもちゃ中心

お祝い事のタイミングだったら +お祝い金

年齢×500円の計算では…

0歳      0円?

1歳         500円

2歳   1000円

3歳   1500円

4歳   2000円

5歳   2500円

6歳   3000円

公式では、ちょっと高めになります。

小学生のお年玉の相場は?孫の場合

小学校は6年間もありますので、1年〜3年の低学年と、4年〜6年の高学年に分けて考えます。

小学校低学年の場合、1000円〜3000円の間でほぼ同じくらいの数です。小学校へ入学したということもあり、硬貨よりも紙幣の方が増えてくるのでしょうね。

また、学校で算数のお勉強をするので、お金の使い方が少しずつわかってきて、金額にも目がいくようになります。

もうごまかしはききません。ある程度の出費は覚悟しなければなりません。

孫たちもお菓子だけでは満足してくれません。

ああ、困ったものだ…。

小学校1年〜3年の相場

少なめ  1000円

ほぼ平均 2000円

多め   3000円

孫  「ほぼ平均」以上+お菓子やおもちゃ

新入学などのタイミングだったら +お祝い金

年齢×500円では…

7歳   3500円

8歳   4000円

9歳   4500円

ここでも、公式の金額の方が高めです。

小学校高学年になると、3000円以上もらう子どもが増えてきます。

低学年と差をつけるためだったり、お金の価値がわかるようになってきたりで、あまり安い金額では満足してくれません。

自分の欲しいものを自分で買う楽しみも覚えてくるので、子どもたちはもらったお年玉の金額に対してシビアになってきます。

そして、友だちとお年玉の合計金額を比べたりするようになるのもこの頃です。

あまりたくさんもらうと、お金に対する感覚が麻痺することもあるので、注意が必要な時期ですね。

おじいちゃんやおばあちゃんからは、お菓子やおもちゃよりも、その分現金でもらった方が喜ぶようになります。

小学校4年〜6年の相場

少なめ  2000円

ほぼ平均 3000円

多め   4000円

孫  「ほぼ平均」以上をお金で

卒業などのタイミングだったら +お祝い金

年齢×500円では…

10歳    5000円

11歳    5500円

12歳      6000円

まだまだ、公式の金額の方が高いです。

中学生のお年玉の相場は?孫の場合

中学生の場合「3年間一律5000円」というが大半を占めます。キリがいいからでしょうか?

「学年が上がると次第に金額が増えていく」というシステムは少なくなるようです。

あげる方は迷いがなくて気楽です。

この時期はお金の出入りが激しくなってきます。

後々のことを考えてお金をためるようになる子どもがいたり、一気に使ってしまって、すっからかんになる子どももいたりします。

どっちにしても、金銭感覚を磨くいい時期です。

うちの子は、「お年玉をもらったら、何かひとつだけ買う。それ以外は貯金。」と決めていたらしく、毎年嬉しそうに合計金額を計算していました。

中学校を卒業する頃になると結構たまっていて、高額なスマホを簡単に買うことができました。

我が子ながら大したものです。

中学生の相場

少なめ  4000円

ほぼ平均 5000円

多め   6000円

孫  「ほぼ平均」以上をお金で

卒業・入学のタイミングだったら +お祝い金

年齢×500円では…

13歳   6500円

14歳   7000円

15歳   7500円

ここまでは、公式の金額の方が高いです。

高校生のお年玉の相場は?孫の場合

高校生の相場は、少なめから多めまでの幅が広くなります。

中学生以上ということで、5000円以上もらう子どもが増えてきますが、上は10000円に達する子どもも出てきます。

扱う金額も多くなります。

高校生の相場

少なめ  4000円

ほぼ平均 6000円

多め   10000円

孫  「ほぼ平均」以上をお金で

卒業・入学のタイミングだったら +お祝い金

年齢×500円では…

16歳   8000円

17歳   8500円

18歳          9000円

ここで初めて、公式の金額が「多め」より安くなります。

一応19歳以上の場合も。

19歳     9500円

20歳   10000円

21歳   10500円

22歳   11000円

ん?何歳までもらえるんだっけ?

まとめ

可能でしたら、お年玉をどこで終わりにするか(義務教育まで、〇〇卒業まで、社会人になるまで、など)も含めて、周りと話し合って金額のルールを決めておくといいと思います。

そうすることでお互いの負担を減らすこともできるし、「うちはこれだけあげていたのに、もらう金額が少ない」などの、お年玉に関わる細かいトラブルも回避できます。

我が家の場合は、親戚同士でルールがはっきりしていて、お互いに気持ちよく出し合っています。

子どもたちが大きくなってきたので「いつまでお年玉をやるか?」という新しいルールを作らなければならないのですが、それはそれで、大きくなった子どもたちに感慨ひとしおです。

スポンサーリンク
336 280
336 280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 280